スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタツムリはこんなに危険!!

みんな知ってるカタツムリ。しかし奴らはとても危険なんです!


百聞は一見にしかずなのでとりあえず参考動画を見てもらいたい(グロ注意)

http://www.youtube.com/watch?v=EWB_COSUXMw

吸虫類のLeucochloridium(レウコクロリディウム)はグロさに定評のある寄生虫で、幼虫の時にはカタツムリに寄生します。寄生されたカタツムリは、普段は鳥などに見つからないように葉っぱの影などにいるのに、寄生虫に操られているかのように目立つ場所へと移動していきます。それだけならまだしも、この寄生虫はカタツムリの目に移動し、鳥の目を引きます。そして案の定、カタツムリは鳥に突っつかれて食べられ、この寄生虫は鳥に寄生するというわけ。さらに鳥の中で成虫になると、今度は幼虫を含んだフンがこの鳥から排泄され、そのフンをカタツムリが食べて……と無限に繁殖するわけです・・・

実鳥は肥大した触角部分のみを食べるので、カタツムリは生き残る。触角は程なく再生するが、すると再びレウコクロリディウムがここに移動する。。いやああああああ


日本でも生息を確認

なお、カタツムリと鳥に寄生するのがメインであって人間には寄生しないのですが、間違って寄生されると死に至る危険があり未確認情報ですが死亡例もある(別の寄生虫であるという説もある)。また、カタツムリはこの寄生虫に限らず、広東住血線虫など危険な寄生虫の中間宿主にされていることが多いそうなので、うかつに触るのは絶対にやめましょう



スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。